パーキンソン病患者による薬の効果の悪い原因及び対策-guitarpro5

Home / パーキンソン病患者による薬の効果の悪い原因及び対策-guitarpro5

病気の患者の薬の治療効果の期待値は患者の期待値に達しないため、実際に有効であるが、患者に無効とされていると考えられています」。医学研究の表示パーキンソン患者全体の改善薬を飲んだ後30%以上とされて有効で、震えを主とする患者は20%以上が全体の改善。この場合は、早期症状が軽いパーキンソン病患者によくあり、あるいは副作用などを心配するなど、薬を服用するのが小さいか、アメリカなどの強力な薬を服用することができない患者。このような状況については、短期入院やパーキンソン病外来で標準化された急性PR効果試験を行うことができます。専門医によって薬の効果と最適な治療量を評定することを助ける。パーキンソン病薬の治療は以下の原則に従って、正確な薬物治療の方法は病状の発展を遅らせることができて、薬物の新婚期を延長することができます:第1、最小の量の薬で症状が基本的に制御を得て、患者は正常な生活と仕事の能力を維持することができて、少なくても遅れて副作用を出して、完全に正常な人のような効果のために薬の量を盲目的に増大することを強要しないでください。第二に、すべて1種の薬を使ってから最小量から緩やかに増加、可耐性の薬物の不良反応の範囲内で、少しずつ増え、「理想の効果を達成する」時以後この線量維持。第3に、妊娠中によってすべての人の量を確定して、一律にすべての患者はすべて同様の量を使うのではありません。病気は主に患者の動きが遅いため、体は柔軟性を失い、硬くなったり、寒い季節に服を着るのが多いという症状が多いため、冬の薬の量が大きくなり、種類が増えてきます。暖かくなるに遭遇し、服の減少に経済的な負担と薬の副作用は、適切な治療薬の考えを減らす。しかし薬を減らして科学を要して,病状の変動が大きいようにないようにしなければならない。

帕金森病患者吃药效果不好的原因及对策-搜狐健康   帕金森病患者药物治疗疗效期望值达不到患者期望值,实际上有效,但被患者认为无效,有些帕金森病患者对疗效期望过高,对一些初步的改善判断为“无效”。   医学研究显示帕金森患者服药后总体改善30%以上就被认为有效,震颤为主的患者可能总体改善只有20%以上。这种情况常见于早期症状较轻的帕金森病患者,或者由于担心副作用等因素服药剂量偏小或者不敢服用美多巴等强效药物的患者。对于这种情况,可以短期住院或在帕金森专病门诊进行标准化的急性左旋多巴疗效试验。由专科医生来帮助评定药效及最佳治疗剂量。   帕金森病药物治疗需要遵循以下原则,正确的药物治疗方法可以延缓病情发展,延长药物蜜月期:   第一、争取用最小剂量的药物使症状基本得到控制,使患者可以维持正常的生活和工作能力,以求少出或晚出副作用,不要为了强求完全像正常人一样的疗效而盲目加大药的剂量。   第二、每使用一种药物都要从最小剂量开始缓慢增加,在可耐受的药物不良反应范围内,一点一点地增加,达到“理想疗效”时便以该剂量维持。   第三、根据滴定确定每个人的剂量,而不是千篇一律地所有患者都用同样的剂量。   由于帕金森病主要使患者动作缓慢,身体失去了柔软性,变得僵硬,在寒冷季节穿衣服较多会加重这些症状,所以冬天药物用量会变大,种类会增多。当遇天气转暖、衣服减少时,为减轻经济负担和药物副作用,可以考虑适当减少治疗药物。但减药要科学,以免病情波动过大。相关的主题文章: